Home

無料の C++ BitTorrent/HTTP/FTP ダウンロードソフト

日本語

BitComet のアップグレード

 

前置き

このコンテンツは、日本語(非公式版)独自の内容です。

BitCometの新しいバージョンを「どうしても」インストールしたい方のためのガイドです。

なお、新しいバージョンにしたからといって速度が上がるわけではありません。更新履歴に書かれた新機能の利用や、現在発生している不具合への対応が目的でない場合はあまり意味がないことがあります。

Setup版を前提に書かれています。初心者向けではないZIP版を利用されている方はご自分で対処してください。

 



1.BitCometの設定をエクスポートします(元のバージョンが0.87以降、それ以前は無視してください)

BitCometを起動して、

ファイル-インポートとエクスポート-エクスポート

を選択、「...」をクリックして、

保存先とファイル名を指定して保存、

エクスポートをクリックします

エクスポートは成功しました、と表示されればOKです。

 

2.ダウンロード先フォルダの退避(元のバージョンが0.72以前)

0.72以前のバージョンでは標準設定ではBitCometのインストール先のDownloadsフォルダにダウンロードしたファイルが保管されていますので、

C:\Program Files\BitComet\Downloads

フォルダを C:\ 直下に移動して、 C:\Downloads としてください。

0.73以降のバージョンでは C:\Downloads が標準のダウンロードフォルダになっています。その場合は移動しなくても大丈夫です。



3.BitCometのフォルダからTorrentのフォルダを退避(元のバージョンが0.86以前、エクスポートができない場合)

BitCometのダウンロード中のファイルのTorrentファイルは、標準設定ではBitCometのインストール先のTorrentsフォルダに保管されていますので、

C:\Program Files\BitComet\Torrents

フォルダをデスクトップなどに移動してください。

Vistaの場合は、

C:\ユーザー\(自分のユーザーアカウント)\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\BitComet\Torrents

になります。AppDataは隠し属性になっているので、整理-フォルダと検索のオプション-表示で「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェックしてOKして表示させる必要があります。



4.BitCometのアンインストール

BitCometをアンインストールしてください。

BitCometのアンインストール



5.BitComet Toolbarをアンインストールしてください(特定のバージョンのみ)

過去の特定のバージョン(0.60~0.63)では、Yahoo!ツールバーのOEM版であるBitComet Toolbarがインストールされてしまっていることがあります。不要な場合は、こちらも、

スタート-コントロールパネル-プログラムの追加と削除

から削除してください。もちろん、削除してもなんら影響はありませんし、必要なら最新版のYahoo!ツールバーをインストールされればよろしいでしょう。



6.BitCometのフォルダを削除してください

必要なフォルダの保管がすんだら、

C:\Program Files\BitComet

フォルダを中身ごと全て削除してください。【特に重要】

Vista の場合は、これに加えて、

C:\ユーザー\(自分のユーザーアカウント)\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\BitComet

も削除する必要があります。AppDataは隠し属性になっているので、整理-フォルダと検索のオプション-表示で「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェックしてOKして表示させる必要があります。見えなくても削除しなくていいわけではありません。




7.新しいバージョンのインストール

新しいバージョンのBitCometをインストールしてください。

BitCometのインストール



8.設定の復元(1.でエクスポートができている場合のみ)

BitCometを起動して、

ファイル-インポートとエクスポート-インポート

を選択、「...」をクリックして、

保存先とファイル名を指定して開いてください。

タスクリストやポートやオプションなどの設定が引き継がれます。

新しいバージョンで新設された項目などの設定を確認して利用してください。



9.設定の手動復元(1.でエクスポートができていない場合)

BitCometを起動して、

オプションなどを以前の状態に設定し直してください。

インポートしていないのに以前の設定が残っている場合は、設定とともに不具合も残っている可能性がありますので、最初からやり直してください。

ダウンロードを再開するときは、デスクトップなどに退避してあったTorrentsフォルダにあるTorrentファイルを開いて、保存先に、退避したDownloadsフォルダを指定すると、確認のダイアログボックスが表示され、未完成のファイルのダウンロードを続きから再開することができます。

エクスポートができていない場合、タスクリストを元のまま復元することはできません。1つ1つ手作業で登録し直してください。